メヤニが出て成形作業に支障を来たす場合は離型剤を変えてみよう

工場

ゴム製品成形時のメヤニ防止に役立つフッ素系離型剤

穴あけ加工

ゴム製品としてごく身近なものの例として、パッキンやチューブを思い浮かべる人も多いでしょう。パッキンとチューブは、いずれも棒状・筒状のゴム製品で、サイズによってはとても細いものもあります。このような製品は金型を使って綺麗に成形するのが非常に難しく、作業にあたっては特に性能の優れた離型剤を使う方がいいでしょう。
第一選択肢として考えられるのは、フッ素系の離型剤です。フッ素系離型剤は、メヤニ生成を防ぐことができ、細長い形状のゴム製品を成形するのに大変好都合です。それというのも、細い成形物に付着したメヤニを取る際、誤ってメヤニと一緒に成形物を傷つける恐れがありますが、もともとメヤニが出来にくいなら、その心配をしなくて済むためです。また、フッ素コーティングの効果を応用したフッ素系離型剤は、非粘着性というフッ素樹脂被膜にユニークな特性ゆえに、軽い力だけで簡単に離型できるという強みがあります。この点も、細長くて切れてしまいやすいゴムチューブやゴムパッキンの成形作業に使う上では、大きなメリットになると考えられます。
デリケートな製品への使用に耐えるということは、他のシンプルな形の製品の離型なら、全く問題なく使えるということです。フッ素系離型剤があれば、大抵の製品の成形に使うことができるでしょう。

フッ素系離型剤は成形時のメヤニ発生を抑えつつ引火の危険性もない

性能が優れていて安心して成形作業を行える離型剤が欲しい場合は、フッ素系離型剤を使うのが一番でしょう。物体は、フッ素コーティング加工することで非粘着性という性質を持つようになりますが、金型にフッ素系離型剤を塗布すると、金型表面がこの性質を持ち、ゴムもプラスチックも粘着しなくなります。
また、フッ素系離型剤を使うことで、ゴム製品等の成形の際にメヤニ発生を防ぐことも出来、成形後にメヤニを除去する仕事を追加で行わずに済みます。加えて、フッ素系離型剤は、不燃性溶剤に離型剤成分を溶かし込んだ引火性のないタイプのものを現場で使うことができます。
連日、数多くの製品の成形を行うなら、現場に常備すべき離型剤の量も、それに伴って多くなるでしょう。その場合、可燃性の離型剤だと、いつなんどき事故につながらないとも言えず、作業従事者に不安な思いをさせてしまいます。引火性のないフッ素系の離型剤なら、そのような不安なしに成形作業に意識を集中して取り組むことができるでしょう。
このように、十分な離型効果を発揮すると同時に、メヤニが生じにくく引火性もない非常に使いやすい製品がフッ素系離型剤です。現場作業用に、是非、導入して使用するといいでしょう。

成形した時にメヤニが出にくいフッ素系離型剤を使おう

金型にプラスチックやゴムを流し入れて成形する作業をできるだけスピーディに手際よく進めていくためには、離型剤の適切な選択が重要です。主成分の違いにより、ワックス系、そしてフッ素系の離型剤というように、いくつか異なるタイプの離型剤があります。成形作業をなるべく効率的に進める上では、フッ素系離型剤を使う方が有利なポイントが多いです。
まず、フッ素系離型剤とワックス系の顕著な違いは、成形物の洗浄が必要かどうかです。ワックス系は、成形物に離型剤が転移する性質があるため洗浄作業が必要ですが、フッ素系は必要ありません。余計なものが付着するという意味では、メヤニについても考える必要があります。
フッ素系離型剤では、メヤニ生成を防ぐことができるため、成形剤を洗い落とす必要がないのと同様に、メヤニ除去工程も不要です。また、フッ素系は、フッ素コーティングの原理を離型に活用した離型剤ですが、成分のフッ素樹脂塗膜が非常に薄くても必要なレベルの離型効果を発揮します。そのため、離型剤の大量塗布は不要であり、コスパの面でも有利と考えられます。これからゴムやプラスチックの製品作りに使う離型剤を調達するなら、是非、フッ素系を選択するといいでしょう。

headline

フッ素系離型剤は薄く塗るだけでも成形中のメヤニを減らせる

離型剤の中には、いくつか非常によく知られたポピュラーなものがあります。フッ素系離型剤もその一つで、ゴム、シリコン、プラスチックといった様々な素材を使った製品の成形のために幅広く使われています。フッ素系離型剤を新たに購入する予定なら、是非、フッ素コート剤専門メーカーに相談の上で最適なものを選んで…

成形作業中のメヤニを減らすフッ素系離型剤はもはや必須アイテム

シリコンやプラスチック製品を作るプロセスでは、成形というステップが欠かせません。このステップでどれだけ効率よく多くの成形物を作れるかによって、生産スピードが大きな影響を受けます。そのため、成形段階はできるだけ作業スピードを落とすことなく進めたいところですが、二つほど、このスピードを遅延させる要…

ゴム製品成形時のメヤニはフッ素系離型剤で防げる

ゴム製品の作り方は、それほど複雑なものではありません。どのようなサイズ、形状のゴム製品であれ、原材料となるゴムを金型に入れて製品の形を整えるというやり方が基本です。ただ、成形と呼ばれるこの作業が、ゴム製品製造プロセス全体の生産性を左右する部分が意外と大きいです。それは、ゴムという素材が、そのま…

成形の際のメヤニを防ぐ離型剤で現場の作業効率を上げましょう

比較的安い値段で仕入れできるゴムやプラスチックを素材とする製品は、便利でニーズのある製品を開発できれば、柔軟な価格設定でヒット商品を作ることができます。そんな製品のアイデアがあって、できるだけ効率よく製品作りをしたいと考えてはいるものの、離型剤の効き目がいま一つで成形作業の生産性が悪い。そのよ…

TOP